FC2ブログ

敗北エロテキスト見本

バトルサンプル
「チェリークライシス!」での戦闘敗北後のエロシーンサンプル、CGはまだ出来てないので簡単な落書きイメージ絵です。
※リョナ要素強めなパターンの敗北なのでご注意を!

キャラ絵
7つの大罪の悪魔・ルシファー戦敗北後。

……終わりか?

無機質な声が頭上から降ってくる。
痛みで息も絶え絶えのまま、オレは
もう一度立ち上がろうとする。

無駄だ、敗者が足掻くな。
勝負はついている、見苦しいぞ


その言葉は胸に重く響いた。だが
ここで折れる訳には…

…っがぁ!!…ぁ……

ズシッ!と鳩尾に一撃が加えられた。

容赦ない拳に呼吸が止まる。再び
地面に崩れ落ち、激痛に身悶えた…

ー…、私は戦いの勝者だ。お前を
どうこうしようと私の自由。
わきまえろ


そう言って悪魔はオレの胸倉を
掴んで、馬乗りになる。冷徹で
端正な顔立ちが眼前に迫った。

アイツが言ってたな、お前の
子種は特別なものだと。なら
殺す前に少し採取しておこう


さ、いしゅ……って…

悪魔の魔法が体を取り巻く。すると
オレの服が一瞬で破かれた。
恐怖で顔が引きつる。

これを勃起させろ

………っ、は?…

露わになった股間のペニスを、
悪魔が鞘で小突いた。

射精できる状態にしろと言ってる。
まさかその歳で意味が分からない
など言うつもりか?


な、なんで…オレがっ…

早くしろ

ドスッ、
首の真横に剣が突き立てられた。
目を見開いて、悪魔の顔を窺う…

冗談を言っている目ではない。ただ
人間とおよそかけ離れた感情のない
双眸に、言いようの無い圧力を
感じて

従わざるを得なかった。オレは
慣れた右手で、出来るだけ早く
悪魔の要求をこなそうと肉棒を
扱く。

気持ちが萎縮して、うまく血が
集まらない。早く勃たせないと
と焦るほど手の動きもぎこちなく
なる。

……遅い。要領が悪いな、
それとも女の裸でも見ないと
機能しないのか?それは


そう言うと彼女は自分の服を
グイと引っ張り、オレの眼前に
胸を露出した。

触れ。

冷たい声で命じられる。オレは、
震えながら言われるまま悪魔の
乳房を揉んだ。

声とは裏腹に、その肌は温かく
手の平に吸い付く。みるみるうちに
ペニスは持ち上がってしまった。

……っ、

あまりに簡単に雄の本能が働いた
ことに、屈辱を感じる。それでも
恐る恐るオレは胸を揉みしだいた

ああ、それを硬くなるまで続けろ

淡々と悪魔は言う。愛撫されても
何も感じないのか、乳首までこねくり
まわしても眉ひとつ動かさない。

だがオレの方はしっかりと興奮
していた。肉棒を握る手に熱が
こもり、精液がせり上がってくる。

弾力がありながらモチモチした
胸の感触を、存分に手の平いっぱい
味わう。ふと触れた彼女の乳首が

さっきより硬くなっていることに
気付く。オレは無意識に扱く手を
早めてしまっていた。

…おい、

急にペニスを握る手を掴まれて
ドッと冷や汗が出る。

その辺に出すな、保存出来ない。
膣中に出せ


そのまま後ろへ押し倒された。
自分の服を適当に脱いだ悪魔が
オレの上に圧し掛かってくる。

まっ…待ておい!嫌だ!オレ、は

パァン!!
頬に衝撃が走った。

うるさい騒ぐな、言っただろう
わきまえろと。


そう言って彼女はペニスを強引に
自分の性器へ挿入する。亀頭に、
ぐにゅっとした感触がきた…

…オレは、それを茫然と見ていた。

軽い平手打ちだったのに、ジンジン
痛みがにじむ。その痛みも次の
瞬間には吹き飛んだ。

………っ!!!

ペニスが膣中に咥えこまれる、
そのあまりの圧迫感に言葉を失う。

(…っせ、せま、いぃぃぃ……!!

無理やり何もない場所に肉棒で
穴をこじ開けさせられてるような
気分だった。

強すぎる刺激とショックで、オレは
奥まで挿入する前に放出してしまった。

なんだ、早いな。こういうもの
なのか?


…っは、ぁ、は、……っ

呼吸が上手く整えられない、苦しい。
一気に到達させられたのにまだ
肉棒は変わらず締めつけられている
のだ。

悪魔の膣中は、気持ちいいとかもう
そんなレベルじゃなく狭い。ただの
搾精する器官のようだった…

…もう少し取っておいたほうがいいか
おい、もう一度出せ


……っはぅっ!!

グチュっと膣壁がうねる。まさか
自分でコントロールできるのか、
ペニスを包む肉が扱くように動いた。

表情も体も微動だにしない悪魔の下で
オレだけが滑稽に喘ぎ、呻く。

…っい、嫌だっ、出したく、あ…!

粘液にまみれ絡みついてくる膣肉に
翻弄される。まるで性器そのものが
生きているみたいに自在に動き

男根の弱い部分を責めてくるのだ。
根元から、亀頭の先まで、全部
余すところなく扱かれて

2度目の射精を強いられた。

ぅ……っ、あ……

エロ絵ラフ

…セックスは、淫らで気持ちいい
ものなんだとずっと想像していた。
だがこれは何だ、ただの暴力だ

目に涙が溜まる。こんなの全然
気持ちよくなんてない、こんな
悪魔相手に欲情して勃起してるわけ
じゃ…

まだだ、もう一度出せ

再度膣中の肉壁がうごめく。ひぃ、
と震える声でしゃくりあげて
しまった。

っも、もう嫌…だ…っ!

悪魔の体を押しのけたくて伸ばした
手は、簡単に払いのけられる。
そしてまた、平手打ちをされた。

冷たい目で見下ろされ、オレはもう
何も言えない。うねる膣肉に
ペニスを蹂躙される以外何もでき
なかった。

……は、っぁ……あー!!

さすがに出が鈍くなったな、
次で終わりにしてやろう、ほら


悪魔はオレの両手を取り、自分の
胸に触れさせた。吸い付く滑らかな
汗ひとつかいていない肌。

オレは夢中で彼女の胸を揉んだ。
ピンクの蕾をつまみ、こねて
思いつく限りの触り方を試して

気持ちを高ぶらせる。そうして
限界まで硬直したペニスは
狭い膣中に揉みしだかれ、精液を
吐き出した…

…は、っはぁ、はぁ……っ

肩で息をするのもやっとな疲労。
でも、これで終わりだと悪魔は
言った…。これで…

…ああ、おしまいにしてやる

悪魔の冷たい瞳に一瞬だけ笑みが
浮かんで見えた気が、した。
意識が一瞬だけ、飛んで

オレは、全ての苦痛から解放された。